奇抜な髪色はアニメでは違和感ないけど、実際にやるとどうしても目がいってしまう件

漫画やアニメでは奇抜な髪色のキャラクターが多い

よく漫画やアニメでは、ピンクや赤や青など割とビビットなカラーの髪色をしているキャラクターが多いですが、みている側としては大した違和感なく見てしまっています。女の子のキャラクターがドッピンクの髪色をしていたとしても、なんとも思わないし奇抜だとすら思ってないかもしれないです。

例えば、セーラームーンに至っては髪色が自分のカラーになってるようなとこもあるし、他のアニメでも髪色が現実離れした色のキャラクターが本当に多いです。また、ドラゴンボールのようにスーパーサイヤ人になると髪の色が金になるなど、途中で変化するパターンもあります。髪の色が変化することでキャラクターの強さの変化も表してるのだと思います。それだけ髪色から受ける印象も大きいと言えるのだと思います。

しかし、アニメや漫画を見ていても、そこまでキャラクターの髪色を気になったことはないですし、違和感を覚えたことはない方がほとんどだとおもいます。きっとキャラクターの雰囲気に合ってるので何も違和感は感じないのでしょう。

現実の世界ではまだまだ奇抜なカラーは見慣れない?

では、実際に現実の世界でも奇抜なカラーは違和感を感じないのか?

最近ではカラートリートメントの普及でかなり綺麗なカラーが出るようになり、ビビットなカラーを楽しむ人も多くなってきたと思います。ポイントで色味のしっかりしたカラーを入れたり、全体的に入れたりと人それぞれ楽しみ方は多種多様ですが、少し前に比べると圧倒的に多くなったと思います。

そんな今日でも、やはり全頭をビビットなカラーで染めている方がいると、どうしても目がいってしまうものではないでしょうか?別に黒髪や茶髪が好きとかそういうことではなく、なんとなく見てしまうということです。

もちろん黒髪や茶髪の人口に比べたら、ビビットカラー率は少ないわけなのでどちらかといえば珍しい方になるのですが、かといって滅多に見かけないわけでもないので、そんなにも珍しくはないでしょう。なのに見てしまう。。。

おそらく、心のどこかで『日本人の髪の毛=黒か茶色』という思い込みがこびれついてしまっていて、それ以外の髪色を見たときに勝手に反応してしまうのだと思います。ほとんどの方がそう思ってしまっていると思いますが、見慣れてないと言いつつも漫画やアニメでは奇抜なカラーのキャラクターを見て違和感を覚えないのに、現実では違和感が出てしまうのは不思議なところです。

いつかビビットなカラーに見慣れる時が来るのか?

あくまでも予想ですが、完全に見慣れるようになることはないでしょう。そもそも茶色の髪の毛も就職の面接や大事な場面ではNGとされているくらいなので、まだまだビビットカラーも受け入れられるようになるには時間がかかりそうです。

日本人の習慣として、黒髪=真面目。金髪=ヤンキー。といった認識を持つ方は今でも多いと思いますが、この習慣もそろそろなくなって良い頃だと思います。毎日遅刻もせずに出勤していた人が金髪にしたら、次の日から遅刻し出すわけでもないですし、金髪の詐欺師が黒髪にしたら詐欺をやめるわけでもないですからね。

髪色を変えるのも、服の系統やメイクを変えるようにもっと制限なく変えれる時代が来ることを願っています。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。