『美容師』という最高に自由な仕事を最大限に活かす方法

美容師は縛りが多い仕事?今や自由な仕事になりつつある

『美容師』と聞くと、低賃金、時間が長い、平日休み、休みが少ない、下積み期間が長い、体力的にきついなどのイメージがあることでしょう。確かに少し前まではそういうこともありました。今でも全てが良くなったわけではありませんが、少しづつ改善はされて来ています。

特に『時間』という面ではかなり改善されて来たように思えます。美容師という仕事は、お客様あっての仕事とも言えるので、逆に考えればお客様の予約が入っていなけれ仕事がないとも言えるのです。その予約が入っていない時間までお店に拘束されなければならないのか?そういった疑問からなのか、時間を自由に使える職場が増えて来たように思えます。予約の入っている時間だけの出勤にしたり、土日も休むことができる用意したり、個人でお休みや出勤時間をコントロールできるようなサロンも徐々に増えています。

また、そのようなサロンが増えることで出産で一時的にお休みをしていた、女性の美容師の復帰がしやすくなったというのもあります。従来のようにフルタイムでは働けないけれど、空いている時間だけ働きたいという方でも働きやすくなったからです。

サロンとしても忙しい午前中やお昼にかけての時間に、ママさん美容師がいてくれるとお店が活気付くのですごく助かります。

このように、今では時間に縛られずに働けるサロンが増えているため、美容師という仕事が自由な仕事になりつつあるのだと思います。

『自由な美容師』になるにはある条件をクリアすること

時間に縛られず、自分のペースで働きたいと思うのであれば、次はどうしたらそのような美容師になれるかです。

まずは最低条件としては『スタイリストになること』です。アシスタントのままではなかなか自由な働き方を得ることは難しいでしょう。しっかりと技術を身につけて一人前になることで自由な働き方を得ることができると言えるのです。

アシスタント期間というのは、サロンや個人によって人それぞれなのでなんとも言えませんが、平均的に見ると大体3〜4年くらいではないでしょうか。その3〜4年はしっかりとサロンにフルタイムで出勤して技術を習得する必要があります。

3〜4年は長い!と思うかもしれませんが、そこでしっかりとした技術を学ぶことで、この先の何十年もの美容師生活が充実したものになるかが決まってくるので、その3〜4年は耐えどころかと思います。

また、サロンによってカリキュラムは全く違うので、しっかりと技術が学べるサロンなのかを見極めて入社する必要があります。そこで間違えてしまうと3〜4年だったのが4〜5年と無駄に時間ばかりかかってしまう恐れがあります。そうならないためにも、最初のサロン選びはかなり慎重に選んだほうがいいと思います。

「やっとスタイリストになれた!」さぁそのあとはどうする?

晴れてスタイリストになれたらすぐに『自由な美容師』になれるかは、また別の問題です。今働いているサロンが時間を自由に使えるサロンであればそのままそのサロンで働き続けて、自由な働き方をするのがいいと思いますが、なかなかそのようなサロンでアシスタント期間を過ごすことはないでしょう。

そのためここで新たにサロンを探して就職しなければならないのです。

その時に大切なのが、自分がサロンに対して求めることの優先順位を決めておくことです。

「時間の自由」なのか、「給料」なのか、「やりがい」なのか、人それぞれ求めることは違うと思いますが、自分の中でしっかりとした優先順位を持たないと、サロンの表面上の綺麗さだったりに惑わされてしまい、実際に入社してみたら思った感じと違った・・なんてことになりかねないからです。

意外と自分の意思というのは、わかっているようでなかなか理解しきれていないものです。なので優先順位を紙に書いたりしてみて、はっきりと自分が何を求めているのかを明らかにしましょう。

そうすることでより良いサロンを見つけることができ、そのあとの美容師ライフも充実することでしょう。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:美容師になるべき理由

「美容師」という仕事を聞いたとき、まず最初に頭に浮かぶのは、その低賃金、長いシフト、限られた休日、そしてそれがどれほど肉体的に疲れているかです。確かに、それは少し前までそうでした。今日、美容業界は少しずつ改善の兆しを見せています。したがって、この仕事に応募する場合は、ここにあるこのリストを確認して、何をすべきかを判断することをお勧めします。

より創造的になる

美容業界で、特に美容師として働くとき、あなたに会い、特定のヘアカットを求めているクライアントが常にいます。ただし、自分に最適なものを提案できる場合もあります。このような場合、美容の知識を使用して創造性を披露する機会があります。この仕事で働くことはあなたの創造性を高めるだけでなくあなたのクライアントを彼らの外見にも満足させるでしょう。

新しい人に会う

毎日多くのクライアントがサロンに行くので、あなたはさまざまな人に会い、彼らとのつながりを確立する機会を得るでしょう。これは、ビジネスだけでなく顧客にも同時に利益をもたらす可能性があります。人と友達になると、忠実な顧客を獲得し、友達の輪を広げることができます。

柔軟になる機会

午前9時から午後5時までしか働けないほとんどのキャリアと比較して、美容師になることでいつでも好きなときに働く柔軟性が得られます。日中に対応できるクライアントが少ない限り、子供を連れて行ったり、外で食事をしたりすることを心配する必要はありません。

さらに、ライセンスを持っているということは、あなたがあなた自身のビジネスを管理したり、フリーランサーとして働いたりすることを許可されていることを意味します。の需要 スタイリストが絶えず高まっているので、それは美容師にサロンの外でいくつかの余分な仕事を得る機会を与えます。

様々なサービス

Wi番目の多くの異なるスタイルやトレンド今日、理髪から選択するクライアントのために様々なサービスを行っています。最近の技術革新により、髪の毛をカットしてカラーリングできるだけでなく、クライアントに追加のサービスを提供することもできます。これはあなたの一日を分割し、その過程であなたの仕事をさらにエキサイティングにするのに役立ちます。

あなたの夢追求

をする美容師として働くことには欠点があるかもしれませんが、それでもやりがいがあり、刺激的である可能性があります。あなたは他の人が彼らが望む外見を達成するのを助けることができるだけでなく、あなたが好きな位置で働くことができるでしょう。

もっと知りたいですか? www.tokyo-biyoshi.comで私たちのウェブサイトを訪問することを躊躇しないでください!