美容師とお客様には、求めていることに決定的なギャップがある

美容師として、一人のお客様に対して何を追い求めているのか?

美容師の中にももちろんいろんな性格の人がいます。『美容師』という大きなカテゴリーにまとめてしまうと同じカテゴリーに入る人達でも、「カットが好きな人」「パーマが好きな人」「カラーが好きな人」「美容室がもともと嫌いだった人」「美容というよりは人が好きだった人」「なんとなく美容師になった人」本当に色々だと思います。

そんなバラバラな性格や考えを持っている人達なので、美容師として追い求めているものも当然違ってくるのも事実です。

一人のお客様に対して、何を追い求めて接客しているのかも違うのではないでしょうか?その違いによって「売れる美容師」「売れない美容師」と直接的に分かれるわけではないと思いますが、少なからず「売れる美容師の傾向」「売れない美容師の傾向」はあるのだと思います。

美容師全体の割合でみたら『美容師として最高のカットをしたい!』とカットや技術を思い求めている人が多いのではないでしょうか?『最高のカットをしていたら絶対お客さんはついてくる』と思っている美容師さんは多いはずです。僕もずっとそうだと思っていました。確かに上手いに越したことはないと思います。しかし『上手い』かどうかは切った本人が決めることではなく、切られたお客様が決めることなので、「よし!今日は綺麗なボブが切れた!」と美容師は満足していても、切られたお客様が「長さを切られすぎた」と感じていたら、結局のところ『上手くない美容師』ということになります。

それに、いくら綺麗に切れていてもお客様にとっては『めっちゃ綺麗なカット』と『綺麗なカット』の違いはそこまで重要ではないのではないでしょうか?

お客様目線では美容室に行って何を重要視しているのか?

お客様目線では、仕上がりはもちろんですが、美容室に行って過ごす時間や担当してくれた人との空気感、『私のことを考えてヘアスタイルを作ってくれた』という美容師側の気持ちが嬉しかったりと、意外と目には見えないところに満足感を覚える人も多いと思います。

色々な方のお話を聞いていると、美容師側とお客様側とではそこに大きなギャップがある気がしました。

その中でもいち早くお客様がどんなことを求めている方なのかを把握し、行動に移せるタイプの美容師は自然と「売れる美容師」になっていると思います。

就職すると大体の方が先輩から言われたことがある『気づくことが大事』という言葉。最初は先輩に対して「今、鏡が欲しいのかな?」とかいう気づきに全力を注いでいたと思いますが、いざお客様を相手にすると「この人は何を求めているんだ?」とわからないことがほとんどだと思います。けど、わからない空気感を出しているとお客様を不安にさせてしまうと思い、わかったふりをして話を進めてしまった・・・なんて経験があると思います。しかしそれは、お客様に対しては何も気づけてあげられていないのです。

おそらくお客様のその状況であれば、「この美容師さんは私のことをわかってくれていない」と思うでしょう。

この「気づく力」は美容師をする上で本当に大切な力だと思っています。ちょっとしたしぐさや目線、お客様の醸し出す空気感。感じ取れるシーンは営業中に多々あると思います。それに気づけるかで「売れる美容師」か「売れない美容師」かが分かれると言っても過言ではないのでしょうか。

常にお客様を考え、観察することでより良いヘアスタイルが提案できたり、会話のネタになったり、結果的に良い接客につながるのだと思います。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。