『手荒れがひどすぎて美容師をやめる』諦めるのはまだ早い!

『美容師よ!手荒れに負けるな!』逃げ道を知ろう。

美容師といえば、多くの人が経験する『手荒れ』という問題があります。症状は人それぞれですが、ひどくなってくると全身に湿疹が出てしまったり、痒くて夜眠れないなんてこともあります。

対抗する薬というのも、かゆみ止めやステロイドの入った薬など、長くは使い続けられない薬などがあります。もっとも根本的に治す薬ではなく、出て来た症状を緩和していくような薬です。できれば手荒れしなくなる薬があればいいのですが、まだそのような薬は出ていません。

では、手荒れの症状が出てしまったらどうしたらいいのか?美容師という仕事を辞めなければいけないのか?

これに関しては実は、色々な選択肢があります。

・全身に湿疹が出るほどではないので、薬液に触れないようにシャンプーなどはグローブをする。

この方法で乗り切っている方は結構多いのではないでしょうか。実際にグローブをしてのシャンプーは慣れるまでは少し難しいですが、慣れてしまえば以外と簡単にできてしまいます。そうすることで薬液に触れる回数が激減するので手荒れを起こしにくくなります。ただ、この方法も完全に防げるわけではないので、軽度の手荒れの方はこの方法で乗り切れると思いますが、すぐに薬液に反応してしまう人はこの方法でも、症状が出てしまうかもしれません。

・回転率重視の忙しいお店で働かずに、割と高単価の客単価重視のお店で働く。

1日に担当するお客様が多いと、単純に1日にシャンプーする回数も多くなるので、回転率重視のお店で働くことは手荒れしやすい方にとっては良くないことかもしれません。逆に高単価で1日に3〜5人担当すれば問題のないお店であれば、手にも優しい美容師ライフが送れるでしょう。しかし、初めから高単価のお店でお客様が定着するかは難しいところなので、自分のスキルと手荒れ具合と相談してお店を変えてもいいのかもしれませんね。

・美容師を辞めて他の仕事に就く

最終的にはこの答えにたどり着いてしまうのかもしれませんが、美容師をやめたとしても美容に関わる仕事は沢山あります。例えば美容メーカーやディーラーのお仕事があります。直接的にお客様に関らなくても、メーカーやディーラーという立場から美容に関わることができます。また女性に多いパターンとしては、マツエクやネイル、エステなどのサロンで勤めることができます。近年、マツエクサロンなどは急増していて需要もかなりあるので、就職にも困らないのではないでしょうか。美容師ほど水や薬液を使わないので手荒れの心配も少なくなるでしょう。

手荒れをすることが美容師の仕事ではありません。お客様を綺麗にする仕事です。

美容師になりたての頃は、ちょっとくらい手荒れしている方が美容師っぽくてかっこいいとか、カラー剤で爪が染まっているのが美容師っぽくていいとか思ったことはないでしょうか。

はじめのうちは若さもあり、多少の手荒れは1日や2日で治ってしまうものですが、繰り返しあれてしまっていると段々と治りが悪くなってきて、徐々に傷口も治りにくくなってきます。範囲も次第に拡大していって、気がついたら手が全体的にあれてしまっていたり、肘の方まで湿疹が来てしまった・・なんてことになります。

そうならないためにも、早めのうちから手荒れに対して意識し、気をつけていくことが長い美容師人生を支える第一歩となるでしょう。

就職先のお店が、『シャンプーは絶対にグローブを着用してするもの』と教えていたら、僕はなんて素晴らしいお店なんだ!と思ってしまいます。それほど従業員を大切にしているのだと感じます。最近ではそういうお店も増えてはきましたが、まだ美容業界としても受け入れられていない考えなのかもしれません。

しかし美容師という仕事が徐々に人気ではなくなってきたということを考えると、いかに長く続けられる職場にしていくかが、今後の美容業界の鍵ではないでしょうか。そのためにも手荒れに負けない美容業界になることを心から祈っています。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:美容師になりたい場合の考慮事項

美容業界でのキャリアを始める準備はできていますか?はいの場合、それは素晴らしいことです!この仕事を追求することは、あなたが化粧品の使用を通してあなたの創造性と情熱を披露する機会を持つことを意味します。 

美容は楽しいことのように思えるかもしれませんが、実際には成功するために経験しなければならないことがたくさんあります。したがって、決定を確定する前に、以下で考慮する必要のある事項がいくつかあります。

高価な教育

化粧品の最高の教育と訓練を受けたいのなら、そうするためにたくさんのお金を払う必要があります。このため、あなたはおそらくローンを組むか、あなたの貯蓄のほとんどを授業料に費やさなければならないでしょう。 

継続的なトレーニングの基礎継続的にトレーニング

ファッションは絶えず変化しているため、トレンドに適応するためにする必要もあります。古いスタイルに固執するとクライアントを失う可能性があるため、最新のファッションで更新することが重要です。

ファッションへの関心

もちろん、この種のキャリアを追求することを計画している場合、この種の業界で生き残ることは難しいため、情熱を持って取り組む必要があります。最新のトレンドに対する熱意と関心がない場合、顧客は美容師を簡単に見つけることができることを忘れないでください。

肉体的に

消耗していることに気づいたかもしれませんが、ヘアスタイリストは常に顧客にサービスを提供しているため、座る時間がほとんどありません。この作品は、お客様の好みを聞きながら、長時間立つ必要があります。 

イライラする顧客

他の業界と同様に、あなたのサービスについて時々不満を言う顧客がいます。しかし、どんなに気分が悪くても、あなたはプロであり、何があっても彼らが望むものを聞く方法を学ばなければなりません。 

怪我リスク

をする美容師になるのは簡単な仕事のように思えるかもしれませんが、実際にはそれ自体のリスクも伴います。火傷(ヘアアイロン)、アレルギー反応(色やその他の製品)、切り傷(はさみ)などに悩まされることがあります。

お金を稼ぐのが難しい

美容師であることの欠点の1つは、給与が低いことです。残念ながら、この仕事から適度な金額を得るには5年以上かかる場合があります。あなたがこれほど長く待つことをいとわないなら、あなたは先に進んでこのキャリアを追求することができます。

社会的スキル

あなたは毎日人々に奉仕しているので、より良い奉仕のために彼らと話すことが奨励されています。彼らの問題について話すのが好きなクライアントがいるので、あなたは彼らに耳を傾け、その過程で彼らを楽しませる必要があります。