『美容師』という最高に自由な仕事を最大限に活かす方法

美容師は縛りが多い仕事?今や自由な仕事になりつつある

『美容師』と聞くと、低賃金、時間が長い、平日休み、休みが少ない、下積み期間が長い、体力的にきついなどのイメージがあることでしょう。確かに少し前まではそういうこともありました。今でも全てが良くなったわけではありませんが、少しづつ改善はされて来ています。

特に『時間』という面ではかなり改善されて来たように思えます。美容師という仕事は、お客様あっての仕事とも言えるので、逆に考えればお客様の予約が入っていなけれ仕事がないとも言えるのです。その予約が入っていない時間までお店に拘束されなければならないのか?そういった疑問からなのか、時間を自由に使える職場が増えて来たように思えます。予約の入っている時間だけの出勤にしたり、土日も休むことができる用意したり、個人でお休みや出勤時間をコントロールできるようなサロンも徐々に増えています。

また、そのようなサロンが増えることで出産で一時的にお休みをしていた、女性の美容師の復帰がしやすくなったというのもあります。従来のようにフルタイムでは働けないけれど、空いている時間だけ働きたいという方でも働きやすくなったからです。

サロンとしても忙しい午前中やお昼にかけての時間に、ママさん美容師がいてくれるとお店が活気付くのですごく助かります。

このように、今では時間に縛られずに働けるサロンが増えているため、美容師という仕事が自由な仕事になりつつあるのだと思います。

『自由な美容師』になるにはある条件をクリアすること

時間に縛られず、自分のペースで働きたいと思うのであれば、次はどうしたらそのような美容師になれるかです。

まずは最低条件としては『スタイリストになること』です。アシスタントのままではなかなか自由な働き方を得ることは難しいでしょう。しっかりと技術を身につけて一人前になることで自由な働き方を得ることができると言えるのです。

アシスタント期間というのは、サロンや個人によって人それぞれなのでなんとも言えませんが、平均的に見ると大体3〜4年くらいではないでしょうか。その3〜4年はしっかりとサロンにフルタイムで出勤して技術を習得する必要があります。

3〜4年は長い!と思うかもしれませんが、そこでしっかりとした技術を学ぶことで、この先の何十年もの美容師生活が充実したものになるかが決まってくるので、その3〜4年は耐えどころかと思います。

また、サロンによってカリキュラムは全く違うので、しっかりと技術が学べるサロンなのかを見極めて入社する必要があります。そこで間違えてしまうと3〜4年だったのが4〜5年と無駄に時間ばかりかかってしまう恐れがあります。そうならないためにも、最初のサロン選びはかなり慎重に選んだほうがいいと思います。

「やっとスタイリストになれた!」さぁそのあとはどうする?

晴れてスタイリストになれたらすぐに『自由な美容師』になれるかは、また別の問題です。今働いているサロンが時間を自由に使えるサロンであればそのままそのサロンで働き続けて、自由な働き方をするのがいいと思いますが、なかなかそのようなサロンでアシスタント期間を過ごすことはないでしょう。

そのためここで新たにサロンを探して就職しなければならないのです。

その時に大切なのが、自分がサロンに対して求めることの優先順位を決めておくことです。

「時間の自由」なのか、「給料」なのか、「やりがい」なのか、人それぞれ求めることは違うと思いますが、自分の中でしっかりとした優先順位を持たないと、サロンの表面上の綺麗さだったりに惑わされてしまい、実際に入社してみたら思った感じと違った・・なんてことになりかねないからです。

意外と自分の意思というのは、わかっているようでなかなか理解しきれていないものです。なので優先順位を紙に書いたりしてみて、はっきりと自分が何を求めているのかを明らかにしましょう。

そうすることでより良いサロンを見つけることができ、そのあとの美容師ライフも充実することでしょう。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:美容師になるべき理由

「美容師」という仕事を聞いたとき、まず最初に頭に浮かぶのは、その低賃金、長いシフト、限られた休日、そしてそれがどれほど肉体的に疲れているかです。確かに、それは少し前までそうでした。今日、美容業界は少しずつ改善の兆しを見せています。したがって、この仕事に応募する場合は、ここにあるこのリストを確認して、何をすべきかを判断することをお勧めします。

より創造的になる

美容業界で、特に美容師として働くとき、あなたに会い、特定のヘアカットを求めているクライアントが常にいます。ただし、自分に最適なものを提案できる場合もあります。このような場合、美容の知識を使用して創造性を披露する機会があります。この仕事で働くことはあなたの創造性を高めるだけでなくあなたのクライアントを彼らの外見にも満足させるでしょう。

新しい人に会う

毎日多くのクライアントがサロンに行くので、あなたはさまざまな人に会い、彼らとのつながりを確立する機会を得るでしょう。これは、ビジネスだけでなく顧客にも同時に利益をもたらす可能性があります。人と友達になると、忠実な顧客を獲得し、友達の輪を広げることができます。

柔軟になる機会

午前9時から午後5時までしか働けないほとんどのキャリアと比較して、美容師になることでいつでも好きなときに働く柔軟性が得られます。日中に対応できるクライアントが少ない限り、子供を連れて行ったり、外で食事をしたりすることを心配する必要はありません。

さらに、ライセンスを持っているということは、あなたがあなた自身のビジネスを管理したり、フリーランサーとして働いたりすることを許可されていることを意味します。の需要 スタイリストが絶えず高まっているので、それは美容師にサロンの外でいくつかの余分な仕事を得る機会を与えます。

様々なサービス

Wi番目の多くの異なるスタイルやトレンド今日、理髪から選択するクライアントのために様々なサービスを行っています。最近の技術革新により、髪の毛をカットしてカラーリングできるだけでなく、クライアントに追加のサービスを提供することもできます。これはあなたの一日を分割し、その過程であなたの仕事をさらにエキサイティングにするのに役立ちます。

あなたの夢追求

をする美容師として働くことには欠点があるかもしれませんが、それでもやりがいがあり、刺激的である可能性があります。あなたは他の人が彼らが望む外見を達成するのを助けることができるだけでなく、あなたが好きな位置で働くことができるでしょう。

もっと知りたいですか? www.tokyo-biyoshi.comで私たちのウェブサイトを訪問することを躊躇しないでください!

美容師が一人前になるまでにはいくつもの山がある 乗り越えやすいのは都会か?地元か?

一人前になるにはどんな試練が待ち受けているのか?

国家試験に合格し、美容師になったとしてもまだ一人前とは言えないのです。国家資格を取っただけの段階では『美容師』と名乗ることができるようになった程度とも言えるかもしれません。技術的なことはまだまだですし、乗り越えなければならないことがたくさんあります。

一人前の美容師になるにはどのようなことを乗り越えなければならないのでしょうか?

技術的なところでいくと、

  • シャンプー
  • カラー
  • パーマ
  • カット
  • ブロー
  • ヘアセット  などなど・・・

本当にたくさんのことを習得しないといけないのです。そしてこれらの技術を習得するために、ほとんどの場合練習モデルとして練習台になってくれる人を探す必要があります。

もちろん友達や家族でもいいのですが、お店や先輩によっては「友達と家族NG」ということもあります。リアルなお客様は友達や家族とは接し方が違いますからね。接客免の勉強のためにもそうすることもあります。

この練習モデルを見つけることが本当に大変なのです。地元で働いていて、近くに友達が多い人などはそこまで苦労しないかもしれませんが、地元を離れて上京した人や、全く縁もゆかりもない土地で働いてる人は本当に苦労するでしょう。

最近ではアプリやネットで練習モデルを見つけることができるようになりましたが、ネット上の繋がりだと薄い繋がりになるので、当日になってキャンセルになったり、連絡もなしに来なかったりとドタキャンにも苦労するでしょう。

より効率よく練習モデルを見つけるには地元がいいのか?

美容師の最大の関門でもある、練習モデルを見つけるということですが、確かに地元であれば友達や家族の繋がりで練習モデルは見つけやすいと思います。しかしカットなどの練習は本当にたくさんの人にご協力をいただくことになるので、来てくれる友達や家族には限界があると思うので、知らない人にも来てもらわないといけなくなってくるのです。そうなった時に地元が田舎すぎるとなかなか人がいないため、練習モデルも見つけづらくなってしまいます。

その反面、関東近郊で働いている場合は人の多さには困らないでしょう。アプリやネットを駆使すればモデルを見つけることも難しくはないはずです。また、街に出て声かけて捕まえることも可能だと思います。人が多い分、モデルをやってくれる人もいることでしょう。また都会の人は街で声をかけられることに、若干慣れていることがあるので、そこまで気負うことなく声をかけれます。田舎で声をかけると、最悪の場合警察を呼ばれそうですね。

このように地元か都会かで、練習モデルの見つけ方や見つけやすさというのは違ってくることが多いです。どちらがいいのかというと、友達や家族が多い人は地元で働いた方が早く一人前になることができるでしょう。人に声をかけたり、アプリを使ったモデルハントに何の抵抗もない人は都会でのハントもすんなりうまくいくでしょう。

自分の性格や、環境に合わせることでモデルハントのスピードは格段に変わってくるはずです。モデルを早く見つけることができる人は、結果的に早くスタイリストになれる人と言えるでしょう。何年もアシスタント期間を過ごす人と、2〜3年でスタイリストになる人との差は、このモデルハントにあると思います。

憧れや夢を追いかけることも忘れてはいけない

当たり前ですが、早くスタイリストになれればいいかというとそういうわけではありません。将来的に東京で働きたいと思っているのに地元でスタイリストになる意味もないでしょう。

美容師にとってのチャンスとも言えるコンテストやセミナー、撮影などはやはり関東に近い方が強いと言えます。もちろん地方でもやっていないことはないですが、明らかに数が違います。またより刺激的な世界を見ることでより自分を高めていこうと思えるし、いつかは自分がその舞台に立つかもしれません。

そういうステージや機会を逃したくない人や、間近で感じたい人は絶対に関東に出るべきだと思います。多少練習がきつくても自分が目指すステージに向けてなら努力できるはずです。

美容師になってどこで働くか?というのは実はかなり大きな決断なのだと思います。その先の自分のあり方が決まってしまうといっても過言ではないかもしれません。そのくらい大切なことなのだと考えた上で進む道を決めてほしいと思います。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:エステティシャンになる方法エステティシャンになるという

ことは、メイクが上手である必要があるという意味ではありません。はるかに!この仕事の役割は非常に広いので、さまざまな美容トリートメントを適用する際に多くの実践があります。

化粧品は常に変化しているので、仕事中に適切なトレーニングを受け、多くのことを学ぶことが重要です。あなたが自分で美容師になりたいと思っているなら、あなたは正しい場所に来ました!

ここ東京美吉では、キャリアをスタートさせるためのステップバイステップガイドを作成しました。私たちは、美容師とは何か、あなたが必要とする資格、それがいくらかかるか、そしてあなたにぴったりの専門知識の種類についてすべてカバーします。

エステティシャンとは何ですか?

美容師は、さまざまな美容トリートメントやセラピーについて十分な知識を持った訓練を受けた専門家です。それらのいくつかが含まれます:

  • 脱毛(例:顔のワックスがけ、脚と体のワックスがけ)
  • マニキュアとペディキュア
  • ネイルアートサービス(例:ネイルエクステンション、アクリルとジェルネイル)
  • 眉毛の整形(例:スレッディング、ティンティング、プラッキング)
  • スプレータンとサンベッド
  • マッサージ、アロマセラピー、ハイドロセラピーとリフレクソロジー
  • フェイシャル(例:クライアントの肌のクレンジングとマッサージ)
  • 変身(例:結婚式や誕生日パーティーのメイク)
  • スペシャリストトリートメント(体の調子と形を改善する電気療法)
  • 非外科的肌改善トリートメント

美容師になるための

計画美容師になりますか?このステップバイステップガイドに従って、この仕事に応募するために必要なことを以下で学びます。

ステップ1:調査を行います。

美容業界は絶えず変化しているので、あなたはあなたが最新の傾向と発見について知らされていることを確認する必要があります。他のビジネスと同様に、美容の観点から消費者の変化する需要を知る必要があります。

業界を徹底的に調査したら、それが何であるかを知る必要があります。この仕事に取り組む前に、これらの重要なことを知っておくことが重要です。

  • 歴史

美容業界は、男性にも女性にも何千年もの間使用されてきました。それがどのようにその目的を開始したのか、そしてそれが今日世界でどのように人気を博したのかを知ることは不可欠です。

  • プラクティス

別にメイクから、あなたはマニキュア、ペディキュア、ビューティーセラピーと、より多くのようなことになるだろう他の事を知っていなければなりません。これで、あなたは何を期待するかを知っています。 

  • 要件

美容セラピストになるにはどのくらい時間がかかりますか?要件や資格はありますか?これらのことを学ぶことによって、あなたは認可された美容セラピストになるのがより簡単になるでしょう。

  • トレンドと開発

絶えず変化する美容業界では、トレンドを認識する必要があります。

  • 興味

業界には多種多様な美容トリートメントがありますので、選択肢を絞り込むことをお勧めします。欲しいものが決まったら、美容学校に入学できます。

ステップ2:美容学校に入学します。

美容学校に入学する前に、基本的な年齢と教育要件を満たしていることを確認する必要があります。ほとんどの美容プログラムでは、16歳で、少なくとも高校の卒業証書を取得している必要があります。これは多くの国で最も一般的な規則ですが、異なる規制を持つ他の地域もあります。これが、最初に必ず調査を行う必要がある理由です。

参加できる美容コースはたくさんあります。ただし、続行するには、資格のレベルを確認して参加できるようにしてください。今日利用できるオプションのいくつかを次に示します。

私立美容学校私立美容に

登録する場合学校では、プロのスタイリストやメイクアップアーティストがどのように仕事をしているのかを体験できます。また、メイクのスタイリング、ヘアカット、美容療法など、さまざまなテクニックを学びます。ただし、最初にオンラインコースを受講して、何をする必要があるかを理解することをお勧めします。

大学

化粧品はこれまでコースとは見なされていませんでしたが、多くの変更が加えられ、現在多くの大学で提供されています。美容業界は数年ごとに変化する傾向があるため、カリキュラムもその過程で更新されることを期待する必要があります。

オンラインコース

オンラインコースは、業界を始めたばかりで、業界に精通したい人におすすめです。ビデオハングアウトに参加する意思があることを示すフォームを送信するだけです。オンラインで利用できるコースはたくさんあるので、自分の興味に合ったコースを見つけることを心配する必要はありません。

これがあなたが学校でしなければならないことのいくつかです。

  • 髪を洗ったり、カットしたり、スタイリングしたりする方法に関するさまざまなテクニックについてすべて学びましょう。
  • 髪の色付け、縮毛矯正、縮毛または波状の作成に使用される化学物質について学びます。
  • フェイシャルトリートメントの実行方法を学びます。
  • クライアントに顔のケミカルピーリングを与えるときに使用する化学物質を適用する方法を学びます。
  • 上唇、眉毛、下腕、脚、陰部など、クライアントの体のさまざまな部分にワックスをかける方法を学びます。
  • マイクロダーマブレーションについて学びます。
  • クライアントの顔にマイクロダーマブレーションを施す方法を学びましょう。

ステップ3:あなたが望む美容の専門分野を知っています。

美容のバックグラウンドをすでに取得したら、必要な専門分野の種類に集中できます。あなたの役職は美容師と呼ばれていますが、トレーニング後に参加できる専門分野は多種多様です。選択できる作品の分野は次のとおりです。

  • ヘアスタイリスト
  • ウェディングスタイリスト
  • 理髪スタイリスト
  • ネイリスト
  • マネージャースタイリスト
  • サロンアシスタント
  • スパマネージャー
  • メイクアップアーティスト

ステップ4:ライセンス試験に合格します。

もちろん、仕事に応募する前に、正式な美容師になるために免許試験に合格することが重要です。この試験を受ける場合は、次の準備ができていることを確認して

  • ください。個々の州の免許に関するガイドラインを調べます。 
  • スキンケア、メイクアップ、ヘアケアの筆記試験と実地試験の勉強。 

ステップ5:見習いに参加します。

あなたが美容師になる免許を取得したら、これはあなたが見習いに行き、パーラーを申請する必要がある時です。見習いプログラムは、興味のある特定の専門分野のトレーニングに最適な方法です。ただし、地元の美容院で見習いに登録し、最長2年間の経験が必要です。

見習いプログラムに参加することで、次のことができるようになります。 

  • 経験豊富なスタッフと一緒に働く
  • 美容師になるスキルを身に付ける
  • 見習いの最低賃金を獲得賃金を
  • する休日の受け取る資格が
  • ある週に1回希望の役割に関連する専門分野を勉強する能力

ステップ6:違いを知る雇用オプション。

最終段階に到達し、すでに公式の美容師になっているので、今度は公式の仕事に応募して、できるだけ早く稼ぎ始めることができます。これは、家族を養っている場合や経済状況がある場合に特に重要です。

雇用された美容セラピスト雇用された美容師

になることを決定した場合、知っておくべきことがいくつかあります。

  • ネットワーキング 

サロンでの仕事を探す予定がある場合は、他の地元企業とのつながりを確立してください。これにより、空いている場所を見つける可能性が高くなり、その過程で簡単になります。

  • 履歴書とポートフォリオの開発

すでにトレーニングを終えて見習いプログラムを終えたので、信頼できる履歴書と作品のポートフォリオを作成する必要があります。これらのステップをすべて完了したら、すぐに仕事に就くことができます!

  • 面接の計画

仕事に応募する前に、彼らがあなたに尋ねる可能性のある質問に備えることが重要です。スキルを磨き、語彙を増やすことができるように、友達や家族との模擬面接を試すことをお勧めします。 

自営業

あなたがあなた自身のビジネスを持ちたいタイプの人なら、以下のヒントに従うことをお勧めします。 

  • 経営管理と管理スキルビジネスの管理に

は、長く複雑なプロセスが必要です。それはあなたの会社を始めて維持するのに必要な事務処理と他の仕事を必要とします。これが、問題や競合が発生した場合に備えて、常に準備をしなければならない理由です。 

最初に特定の美容サービスに投資して、効果があるかどうかをテストできるようにすることをお勧めします。短期、中期、長期のビジネスの目標を明確に定めたビジネスプランがあることを確認してください。

  • マーケティングとプロモーション

もちろん、ビジネスを始めたいのであれば、顧客基盤が必要になります。あなたがどんなタイプの顧客を持っているかを知り、彼らにあなたのビジネスを宣伝することは重要です。

  • 財務計画計画する

ビジネス要件をことにより、それがあなたの計画をサポートできるかどうかあなたの予算を見積もる必要があります。これには、投資のニーズと利益の予測、および給与計算の実行が含まれる場合があります。