美容師としての最初の関門 シャンプーが上手くなるには

シャンプーマスターになるにはシャンプーモデルマスターになる

無事に国家試験に合格し、晴れて美容師となると就職先のサロンでシャンプー練習が始まる。サロンによってどの技術から教えられるかはバラバラだが、大体の場合シャンプーからスタートすることが多い。

シャンプーは先輩がやっているのを見ている分には簡単そうに見えるのだが、いざやってみると以外と難しい・・・思ったように手が動かなかったり、細かい手の角度や力加減、シャワーの当てる位置や角度までこと細やかに覚えていく必要があるのだ。なんとなくの感覚で、大まかにはできてしまう人もいるが、やられている側にはなんとなくでやっている感じや、慣れてない感じが手から伝わってくるものなので、わかってしまう。

そんな第一関門とも言えるシャンプーを上手くなるにはどうしたらいいのか?

実はシャンプーが上手くなるにはひたすら練習すればいいというものでもない。確かに練習は絶対に必要なことだが、ただ闇雲に練習をしたところで、手の動きは良くなるもののお客様に気持ちいいシャンプーになっているのかは別問題なのである。

いかに気持ちいいシャンプーと感じでもらうには少しコツがある。それはシャンプーの上手い先輩に沢山洗ってもらうことだ。

自分がお客様の立場になり、どこをどのくらいの力で洗ったら気持ちがいいのか、シャンプーの心地よいリズムはどのくらいなのか、色々なことに意識を集中して洗ってもらうと、たくさんの気持ちいいポイントがわかってくるのである。そのことを意識して自らも練習でやってみる。そして何が足りないのか?どこが違ったのか?さらに先輩を超えるにはどうしたらいいのか?を考え、またシャンプーしてもらい、繰り返し練習する。

この方法が一番早くシャンプーを覚えられ、かつ、お客様に満足していただけるシャンプーマンになれるコツと言えるだろう。

早く!丁寧に!そして気持ちよく!

シャンプーをある程度マスターしてくると、慣れが出てきてしまい、シャンプーが徐々に雑になってくる傾向がある。自分では雑になっている意識がなくても、これまたやられているお客様には手から伝わってしまっているのです。

なぜ雑になってしまっているのかというと、はじめのうちはシャンプーだけに集中していればよかったものの、徐々にやる仕事が増えてきて、シャンプーだけに神経を集中させるわけにはいかなくなってきたからである。時間に対する意識や、今担当しているお客様以外の状況が気になったりと、色々なことに気をまわしながらするのが美容師という仕事でもあるのだ。そんな中でも、しっかりと丁寧なシャンプーをするにはどうしたら良いのか?

一つは体が勝手に気持ち良いシャンプーをしてしまうくらい、覚えてしまうこと。もう一つは全部に意識を集中できる幅広い集中力を持つこと。

もちろんながら、今担当しているお客様に対しての意識は一番に払わないといけないのだが、それでも雑なシャンプーになってしまっている時は今一度振り返り、シャンプーの手順をおさらいするといいだろう。必死になってシャンプーを練習していた頃を思い出し、自然と体がその頃の感じで動いてくれる。また気持ちの面でももっと気持ちいいシャンプーをしようと心がけることで、雑さは無くなってくるはずだ。

ただ、気持ちのいいシャンプーというのもダラダラ長くやっていては意味がない。確かに気持ちいい時間が長ければお客様としては満足される方も多いかもしれないが、プロの仕事ではないのだろう。

そのことを意識して、日々のサロンワークで雑になりかけているシャンプーをもう一度皆をして、より満足度の高いシャンプーをしてリピーターの心をがっちりとつかんで見てはいかがだろうか。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:髪をシャンプーする適切な方法

サロンでプロの髪をカットしたり治療したりしたことはありますか?もしそうなら、あなたはおそらくシャンプーを適用することがプロセスの一部であることに気づいたでしょう。この理由は、頭皮に存在する細菌を浄化する能力によるものです。

これは信じがたいように思えるかもしれませんが、実際には髪のシャンプーに関してはルールがあります。以下のガイドラインに従って、髪を健康で光沢のある髪に保ちましょう!

適切なシャンプー選択

の最初に知っておく必要があるのは、正しいシャンプーを入手することです。

ざらざらした髪やねじれた髪の方へねじれた髪の

方は、保湿シャンプーを試してみることをお勧めします。が注入されたシャンプーに注意してください より良い結果を得るために、グリセリン、パンテノール、またはシアバター。

細い髪の細い髪の方に

方特には、「クリア」シャンプーの使用をお勧めします。このタイプのシャンプーは、健康を維持するだけでなく、ボリュームも与えます。避けなければならないのは成分を含むシャンプーです 、塩化ナトリウムやポリエチレングリコールなどの。どちらも増粘剤として使用されていますが、頭皮の乾燥やもろさの主な原因でもあります。

普通の髪の人のために 

ミディアムヘアまたはバランスの取れた髪の人としても知られ、基本的に好きなタイプのシャンプーを使用できます。しかし、私たちが1つ選ぶとしたら、「白茶」シャンプーを手に入れることはあなたの髪が健康になるのを助けるので素晴らしい選択です。ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムを含むシャンプーは避けてください。

髪を洗う髪に

ぴったりのシャンプーを見つけたら、それを髪に適切に適用する方法を知る必要があります。

ぬるま湯で髪を丁寧に洗い流してください。 

シャンプーを塗る前に、必ずぬるま湯に髪を浸してください。これはあなたの頭のキューティクルを開き、それが蓄積した汚れや蓄積を緩めるので重要です。温水はシャンプーの塗布を容易にするだけでなく、髪や頭皮がコンディショナーの油を吸収するのにも役立ちます。

  • シャンプーを塗る前に、髪が完全に濡れていることを確認してください。
  • また、水フィルターを使用して、水から過酷なミネラルを抽出することもできます。

シャンプーを頭皮にやさしくマッサージします。 

髪を浸し終えたら、手のひらに適度な量のシャンプーを置き、頭皮にそっとこすります。髪の毛が長い場合は、シャンプーを増やすか、2倍の量を使用することをお勧めします。マッサージことも忘れないでください シャンプーを髪の毛の根元、首筋にする。 

  • 髪のキューティクルを傷つけたり壊したりしないように、優しくする必要があります。

『手荒れがひどすぎて美容師をやめる』諦めるのはまだ早い!

『美容師よ!手荒れに負けるな!』逃げ道を知ろう。

美容師といえば、多くの人が経験する『手荒れ』という問題があります。症状は人それぞれですが、ひどくなってくると全身に湿疹が出てしまったり、痒くて夜眠れないなんてこともあります。

対抗する薬というのも、かゆみ止めやステロイドの入った薬など、長くは使い続けられない薬などがあります。もっとも根本的に治す薬ではなく、出て来た症状を緩和していくような薬です。できれば手荒れしなくなる薬があればいいのですが、まだそのような薬は出ていません。

では、手荒れの症状が出てしまったらどうしたらいいのか?美容師という仕事を辞めなければいけないのか?

これに関しては実は、色々な選択肢があります。

・全身に湿疹が出るほどではないので、薬液に触れないようにシャンプーなどはグローブをする。

この方法で乗り切っている方は結構多いのではないでしょうか。実際にグローブをしてのシャンプーは慣れるまでは少し難しいですが、慣れてしまえば以外と簡単にできてしまいます。そうすることで薬液に触れる回数が激減するので手荒れを起こしにくくなります。ただ、この方法も完全に防げるわけではないので、軽度の手荒れの方はこの方法で乗り切れると思いますが、すぐに薬液に反応してしまう人はこの方法でも、症状が出てしまうかもしれません。

・回転率重視の忙しいお店で働かずに、割と高単価の客単価重視のお店で働く。

1日に担当するお客様が多いと、単純に1日にシャンプーする回数も多くなるので、回転率重視のお店で働くことは手荒れしやすい方にとっては良くないことかもしれません。逆に高単価で1日に3〜5人担当すれば問題のないお店であれば、手にも優しい美容師ライフが送れるでしょう。しかし、初めから高単価のお店でお客様が定着するかは難しいところなので、自分のスキルと手荒れ具合と相談してお店を変えてもいいのかもしれませんね。

・美容師を辞めて他の仕事に就く

最終的にはこの答えにたどり着いてしまうのかもしれませんが、美容師をやめたとしても美容に関わる仕事は沢山あります。例えば美容メーカーやディーラーのお仕事があります。直接的にお客様に関らなくても、メーカーやディーラーという立場から美容に関わることができます。また女性に多いパターンとしては、マツエクやネイル、エステなどのサロンで勤めることができます。近年、マツエクサロンなどは急増していて需要もかなりあるので、就職にも困らないのではないでしょうか。美容師ほど水や薬液を使わないので手荒れの心配も少なくなるでしょう。

手荒れをすることが美容師の仕事ではありません。お客様を綺麗にする仕事です。

美容師になりたての頃は、ちょっとくらい手荒れしている方が美容師っぽくてかっこいいとか、カラー剤で爪が染まっているのが美容師っぽくていいとか思ったことはないでしょうか。

はじめのうちは若さもあり、多少の手荒れは1日や2日で治ってしまうものですが、繰り返しあれてしまっていると段々と治りが悪くなってきて、徐々に傷口も治りにくくなってきます。範囲も次第に拡大していって、気がついたら手が全体的にあれてしまっていたり、肘の方まで湿疹が来てしまった・・なんてことになります。

そうならないためにも、早めのうちから手荒れに対して意識し、気をつけていくことが長い美容師人生を支える第一歩となるでしょう。

就職先のお店が、『シャンプーは絶対にグローブを着用してするもの』と教えていたら、僕はなんて素晴らしいお店なんだ!と思ってしまいます。それほど従業員を大切にしているのだと感じます。最近ではそういうお店も増えてはきましたが、まだ美容業界としても受け入れられていない考えなのかもしれません。

しかし美容師という仕事が徐々に人気ではなくなってきたということを考えると、いかに長く続けられる職場にしていくかが、今後の美容業界の鍵ではないでしょうか。そのためにも手荒れに負けない美容業界になることを心から祈っています。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:美容師になりたい場合の考慮事項

美容業界でのキャリアを始める準備はできていますか?はいの場合、それは素晴らしいことです!この仕事を追求することは、あなたが化粧品の使用を通してあなたの創造性と情熱を披露する機会を持つことを意味します。 

美容は楽しいことのように思えるかもしれませんが、実際には成功するために経験しなければならないことがたくさんあります。したがって、決定を確定する前に、以下で考慮する必要のある事項がいくつかあります。

高価な教育

化粧品の最高の教育と訓練を受けたいのなら、そうするためにたくさんのお金を払う必要があります。このため、あなたはおそらくローンを組むか、あなたの貯蓄のほとんどを授業料に費やさなければならないでしょう。 

継続的なトレーニングの基礎継続的にトレーニング

ファッションは絶えず変化しているため、トレンドに適応するためにする必要もあります。古いスタイルに固執するとクライアントを失う可能性があるため、最新のファッションで更新することが重要です。

ファッションへの関心

もちろん、この種のキャリアを追求することを計画している場合、この種の業界で生き残ることは難しいため、情熱を持って取り組む必要があります。最新のトレンドに対する熱意と関心がない場合、顧客は美容師を簡単に見つけることができることを忘れないでください。

肉体的に

消耗していることに気づいたかもしれませんが、ヘアスタイリストは常に顧客にサービスを提供しているため、座る時間がほとんどありません。この作品は、お客様の好みを聞きながら、長時間立つ必要があります。 

イライラする顧客

他の業界と同様に、あなたのサービスについて時々不満を言う顧客がいます。しかし、どんなに気分が悪くても、あなたはプロであり、何があっても彼らが望むものを聞く方法を学ばなければなりません。 

怪我リスク

をする美容師になるのは簡単な仕事のように思えるかもしれませんが、実際にはそれ自体のリスクも伴います。火傷(ヘアアイロン)、アレルギー反応(色やその他の製品)、切り傷(はさみ)などに悩まされることがあります。

お金を稼ぐのが難しい

美容師であることの欠点の1つは、給与が低いことです。残念ながら、この仕事から適度な金額を得るには5年以上かかる場合があります。あなたがこれほど長く待つことをいとわないなら、あなたは先に進んでこのキャリアを追求することができます。

社会的スキル

あなたは毎日人々に奉仕しているので、より良い奉仕のために彼らと話すことが奨励されています。彼らの問題について話すのが好きなクライアントがいるので、あなたは彼らに耳を傾け、その過程で彼らを楽しませる必要があります。

美容師レッスン 最速クリアの秘訣とは?

美容師になり、カットができるまでにはどのくらいかかるのか?

国家試験を合格して、美容師としてサロンに就職し、数々の技術を習得するまでには一体どのくらいの時間がかかるのか?漠然と下積みが長いイメージのある美容師という仕事ですが、実際のところどうしてそんなに下積みが長いのか?いわゆる美容師のアシスタント時代の疑問は尽きることなく出てくるでしょう。

平均的にアシスタントは3〜4年くらいだとは思いますが、最近ではどんどん早くなっていて2〜3年というところが多くなってきているように思えます。少しずつアシスタント時代が短くなっているのも、『下積みが長い』というイメージを払拭しようという動きがあるからなのではないかと思います。それに、一人の美容師を早く一人前にすることで、お店の売り上げにも影響してくることなので、お店を経営する側的にも早いに越したことはないのです。

しかし、スタイリストにするタイミングを早くするということは、まだ技術的に未完成のままスタイリストになってしまう可能性も上がってしまっているのです。お店からは「早くスタイリストになりなさい!」と言われ、技術に不安があるままスタイリストとしてお客様を担当せざるを得なくなった人は、最近は特に増えて来ていると思います。

早くスタイリストになる良さもあれば、しっかりと技術を学んでからスタイリストになる良さもあるのです。

美容師も人それぞれ、自分のタイプを理解し、より合ったカリキュラムのお店を選ぶべき

世の中には色々な性格や思考を持った人がいるように、美容師というジャンルの中にも色々なタイプの人間がいます。一度教えてもらっただけで、サクッと技術を習得してしまう人や、何度も練習しないと覚えられない人など本当に様々です。

その中で、自分はどういうタイプなのか?を理解することでよりロスの少ない美容師ライフを送ることができます。例えばサクッとなんでもできてしまう人は、テンポよくスタイリストに駆け上がり、たくさんのリアルなお客様を担当することで大きく成長できると思います。

逆に、何度も練習してしっかりと技術を覚えないと自信が持てないタイプの人は、カリキュラムが細かく組まれているサロンに就職し、時間をかけてでも技術をしっかりと磨いてからスタイリストになった方が安定した接客ができるのだと思います。

自分にあったカリキュラムでないと、どこかもどかしい気持ちと葛藤しながら練習やサロンワークをすることになってしまうので、精神的に疲れてしまいやすくなります。

まずは自分のタイプを知り、自分にあったカリキュラムはどっちなのかを見極めることが、美容師として輝く第一歩と言えるでしょう。

技術習得の最大の秘訣とは?

どちらのタイプの人にも言えるのが、技術を学ぶ上で欠かせない大切なことがあります。

それは、『よく見ること』です。練習の時間に先輩がデモストレーションをしてくれている時も、よく見て頭の中にインプットし、実際にやって見て何が違うのか分析する。この繰り返しに尽きると思います。

また、周りの人よりも上手くなりたいと思えば、周りの人よりも効率よく練習するしかないのです。ただがむしゃらにやるのもいいと思いますが、『自分には何ができていて、何ができていないのか?』をしっかりと考え、できるためにはどうしたらいいのか?ということに基づいて練習することで、練習の効率はグッと上がっていくことでしょう。

練習も、練習の時間だけやるのではなく、普段のサロンワークから先輩の行動をしっかりと見て、動きや考えまでコピーできるくらい見ていると尚更いいでしょう。ただアシスタントとしてアシストするのではなく、サロンワークも勉強の時間にしてしまえば、一石二鳥になりますね!

美容師として技術を学ぶやり方は、もちろん一つではありません。正解も一つではないです。むしろこの仕事に正解はないのかもしれません。だからこそやりがいのある仕事だし、プロにしかできない仕事なのだと思います。

周りと比べず、自分のやり方でお客様ひとりひとりをえがをすることができれば、スタイリストになるのが早かった人も、遅かった人も関係ないのではないでしょうか?

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

Tokyo Biyoshi:髪を早くカットしてクライアントを増やすためのガイドヘアカット

業界に不慣れな方は、多くのお客様が彼らの時間を意識している。髪を早く切る方法を見つけることを考えたことはありますか?東京美吉がお手伝いしますのでご安心ください!

髪を早く切ることは、お客様だけでなくサロンにもメリットがあります。ここ東京美吉では、ヘアカットのスキルを確実に高めるさまざまなテクニックと方法を見つけることができます。 

それで、それ以上の苦労なしに、以下の美容師としてのあなたのスキルを向上させるためのヒントについて議論し始めましょう。

ルール#1正しいツールを使用する

最初のステップは、基本的なツールを知ることです。カットする方法は知っているが、適切なツールを使用する方法がわからない場合は、その過程でそれでも難しいでしょう。このため、時間を大幅に節約したい場合は、何をいつ使用するかを練習することが不可欠です。  

一般的に使用されるツール

  • ヘアカットヘアカットシャーヘアカットシャー

ははさみよりも鋭く、特に髪をカットするために設計されています。これは、多くの初心者が使い方を学ばなければならない最も基本的なツールです。 

  • 間伐鋏間

伐鋏はあなたの髪をテクスチャリングするのを助ける素晴らしいツールです。このツールは、髪の毛の上部または側面からテクスチャをカットするためにのみ使用されることに注意してください。これははさみのように見えますが、代わりに反対側に櫛があります。

  • ヘアカットかみそりヘアカットかみそり

は、サロンで口ひげやあごひげを剃るために一般的に使用されます。このもう1つの機能は、端を細くしてテクスチャードヘアを作成することです。

  • バリカン

バリカンは、髪を切るための鋭利な櫛のような刃のペアで構成されています。この刃を使って、頭の付け根から上に向かって切り始めなければなりません。

  • カッティング

コームカッティングコームは、ヘアカットの重要な部分です。これは、美容師が鋏を使用しながら髪を切るのを助けるために使用される単なる櫛です。さまざまな用途向けにさまざまなサイズで構成されるカッティングコームとカミソリコームの幅広いコレクションがあることに注意してください。

ヒント#2さまざまなヘアカットテクニックの練習

美容師の主な目的の1つは、顧客を忠実にすることです。しかし、どんな髪型が欲しいのかわからないと、クライアントを満足させるのは難しいかもしれません。幸いなことに、ヘアカットのテクニックを習得すれば、より迅速なサービスを提供できるだけでなく、専門的な提案やアドバイスを提供することもできます。 

基本的なテクニック

  • ヘア髪の髪の

カットのテクスチャリングテクスチャリングは、特に女性のために髪をカットする場合に学ぶことが重要です。彼らがカジュアルな外観を望むなら、あなたは間違いなくこのヘアカットをお勧めすることができます。これは、薄毛を覆って髪に質感を加えるのにも最適な方法です。これを行う最も効率的な方法の1つは、髪をねじり、かみそりを使用してそっと切ることです。

  • スライドカット

このテクニックは、指を滑らせるかスライドさせ、髪の毛の端に沿って鋏を使用することで実行できます。スライドカットは、クライアントの髪の大部分を取り除くのに役立ちます。これを成功させるには、安定した指が必要です。このテクニックを長くてウェーブのかかった髪の人に適用することをお勧めします。

  • ポイントカット

ポイントカットは、髪を縦にカットすることで髪に質感を与える方法の一種です。髪は通常細いエクステンションに分割され、カットする前に持ち上げられます。この手法は、クライアントにテクスチャを追加する場合にのみ使用できます。これは通常、髪の短いクライアントに適用されます。髪を早くカットしたい場合は、カットするときに鋏を少し傾けてください。

  • シアーオーバーコーム

このタイプの方法を使用する場合、適切なコーミング配置が重要です。名前が示すように、櫛は髪を保持するために配置され、鋏を使用して髪を櫛の上でカットします。このテクニックを適用することにより、髪を切るために長い鋏を使用することを確認してください。髪の毛の全体像を把握するために、クライアントの片側に立つことをお勧めします。

  • スムーズカット

スムーズカットは、カミソリを使った間引き技術です。スリザリング法と同様に、指を滑らせるかスライドさせ、髪の毛の端に沿って剪断機を使用することによって行われます。 

ヒント#3最新のヘアトレンドを

知る優れた美容師は、より良い、より速い結果を提供するために、業界の最新のヘアトレンドを知る必要があります。これらのカットやスタイルに精通することをお勧めします。これらは、世界中の多くの顧客から尋ねられる可能性が高いからです。 

男性のための流行のヘアカット

女性のヘアカットと比較して、男性はそれほど複雑なヘアスタイルを持っていません。ただし、カットに関してはより重要になる傾向があります。男性のための最も一般的なカットのいくつかはここにあります:

  • アンダーアンダー

カットカットは男性が今日行く最も人気のあるヘアスタイルの1つです。頭の上部は通常長くて別れた髪をしていますが、下部は現代的な外観のために剃られています。

  • ポンパドール

モダンな外観を愛する男性にとって、ポンパドールは頼りになる髪の選択です。このヘアカットは、トップがエルビス・プレスリーの髪のようにスタイリングされ、頭の下部がよりユニークに見えるように剃られているモダンなヘアスタイルです。

  • バズカット

バズカットは、おそらくすでに何十年もの間、古典的で最も人気のあるヘアスタイルの1つです。メンテナンスの少ないタイプのスタイルで、ヘアラインが後退している男性に最適です。

女性のトレンディなヘアカットスタイリングするための

ためのほとんどの女性は長い髪をしているので、あなたはそれらを多くの余地があります。最高のサービスを提供し、同時により速くカットしたい場合は、今日これらの流行のヘアカットをスタイリングする方法を学ぶようにしてください。

  • レイヤードヘア

女性に最も人気のあるヘアカットの1つであるレイヤードヘアは、女性に長くてボリュームのある髪を与えます。レイヤードヘアカットを効率的に行うには、ヘアをセグメントに分割し、「ブレンドエレベーション」を使用してカットしてください。

この用語に慣れていない場合は、上部セクションを90度でカットし、側面セクションを上部セクションの長さに対して180度カットすると、混合立面図が作成されます。

  • 毛むくじゃらの髪

毛むくじゃらの髪は、ブラシをかけず、気楽な髪型を好む女性に人気のカットです。このカットは通常、短いか、肩までです。 

  • ブラントカットカットと

ストレートも呼ばれるブラントヘアスタイルは、スタイリングが非常に簡単で、サロンで尋ねるのが最も簡単なカットの1つです。このテクニックの重要な要素は、基本的に可能な限り鋏を使って練習することです。

  • ピクシーカット

ピクシーカットは、エッジの効いた上品な印象を与えたい女性にとって素晴らしいヘアスタイルです。これは、女性のために非常に簡単に行うことができる最短のヘアカットの1つです。 

彼らの髪を切ることを計画する前に、それが彼らに適しているかどうか彼らの顔の形を考慮してください。前髪、フリンジ、剃ったアンダーカット、または追加のハイライトを髪に追加したい場合は、オプションを提供することもできます。

  • クラシックなユニフォームカット

これは、洗練された女性が大好きなクラシックなヘアカットの1つです。あなたはただ彼らの髪を均一な長さに切る必要があります。

その他のヒント クライアントをすばやく引き付けるための

すでに上記のヒントに従っている場合は、サロンを効果的に宣伝するだけです。以下のヒントに従ってください。

割引

多くのクライアントをより早く引き付ける最も効果的な方法は、サロンで割引や販促品を提供することです。することができ 2人以上の人に割引やパッケージを提供したり、新しい顧客を呼び込んだ古いクライアントに単に報酬を与えたります。

ソーシャルメディアを使用

するクライアントを効果的に獲得したい場合は、サロンのソーシャルメディアアカウントを作成する必要があります。これは、オンラインでの存在に気付くだけでなく、フィードバックを残す方法でもあります。あなたの写真がプロフェッショナルに見えることを確認し、人々があなたのサービスに気付くように見栄えのするヘア写真を投稿してください。キーワードのハッシュタグを使用して、他の人が見やすくすることもできます。

あなたの専門分野見つけるあなたの

をサロンを他の中で際立たせるために、あなたがクライアントに宣伝できる専門分野を持つことをお勧めします。これらには以下が含まれます:

  • ヘアカット
  • ヘアカラー
  • ワックストリートメント 
  • メイクアップ
  • フェイシャルトリートメント

過充電しないでください

サロンは一部の人々にとって贅沢である可能性があるため、価格を手頃な価格にすることが重要です。あなたのヘアスタイリストが本当に質の高いサービスを提供していることを示したら、そこから徐々に料金を上げることができます。

美容師のマストアイテム集 これを持っていれば間違いない!

皆さんはこんなときどう対処してますか?

美容師の仕事をしていて、少なからず予期せぬピンチを迎えてしまうことがあると思います。そんなときに持っていると安心のグッズを紹介したいと思います。あくまでも個人的に役立ったと思った物なので、もっといいものもあると思いますが・・

『手を切ってしまった!』というとき編

美容師をしているとあるあるかもしれませんが、ピンチであるのには違いないですね。切った深さにもよりますが血が止まらないとカットを続けることもできないですし、何より痛い。おそらく「すみません。少々お待ちくださいね〜。」と引きつった笑顔を見せてバックルームに駆け込むことになるのではないでしょうか。

さぁ、そこからが時間との勝負ですね。お客様を待たせっぱなしにするわけにもいかないし、それでも血が見えないようにしないといけないわけですし、大変です。あたふたしてお客様に悟られてもいけないですね。

そんなときにオススメしたいのが、超優秀な絆創膏。『ケアリーヴ』です。すごくベーシックな対処法ですが使う絆創膏によって、耐久性と目立ちにくさはかなり変わってきます。ケアリーヴは付けたところとの密着感と伸び縮みしやすい素材のため、指を動かしても剥がれてこないのが最大のメリットです。最近では水に強いタイプもあるので試してみてもいいかもしれません。

また、手が荒れてしまう人にもケアリーヴはオススメです。パックリとひび割れてしまった手荒れに対して、ケアリーヴを巻いておくと、痛みはカバーできます。ただ治りが早くなるわけではないので、家に帰ったらしっかりと薬を塗ることをオススメします。痛く亡くなっていると貼りっぱなしで忘れがちになってしまうので注意が必要です。

『カットした毛がお客様の顔について取れない!』というとき編

これも美容師あるあるかもしれませんが、対処法もいたってシンプルです。専用のブラシを用意する人もいますが、一番毛が取れるのはお客様にコットンを渡して取ってもらうのが、お客様も不快な思いをせずに毛を取ることができると思います。専用のブラシを試したこともありますが、お化粧をしている女性のお肌についた髪の毛は、意外と取れないものです。

それを必死に取ろうとしていると、お客様の顔をなんどもブラシでパタパタすることになってしまいます。そうするよりもコットンをお渡しして、お客様自身にとっていただいた方がスムーズに毛を取ることができます。

なので、常にコットンを常備しておくと良いでしょう。

しっかりとした準備をして、より良い接客を

どんな仕事にもピンチはつきものですが、より良い準備をしておくことでピンチが来た時の乗り切り方は変わってくるのではないでしょうか。美容師の仕事のピンチはもっといろんな種類がありますが、一つひとつ準備を怠らないことでよりお客様思いの接客ができるのだと思います。

「たかが手を切ったくらい」「たかが顔に毛がついたくらい」と思う方もいるかと思いますが、その細かなところまで気を配れることはすごく重要なことだと思います。以外とそういった細かな気遣いにお客様は気づいているものです。

小さなことでも徹底してお客様を思う気持ちを忘れずに、日々のサロンワークに励んでいきましょう。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

「昼食を食べている時間がない!」という美容師が食べるべき栄養機能食品

『腹が減ってはカットはできぬ!』美容師の救世主。

毎日の忙しいサロンワークの中で、お昼ご飯は食べれていますか?

多くの美容師さんは、ちゃんとした時間には食べれていないのが現状だと思います。そのことに慣れてしまって、夕方に食べるのが普通になってしまっている人もいたり、食べないのが普通になっている人もいたり様々かと思います。もちろん食べないことはよくないことです。

知らず知らずにお腹が空いていて元気が無くなっていたり、身体的にも空腹はSOS信号のようなものなのでそれにさからってはいけませんね。

食べなきゃいけないのに食べる時間はないという、どうしようもない状況かもしれませんが、そんな中でもサッと食べる何かがあれば、間違いなく忙しい美容師の味方になるでしょう。

近年充実の栄養機能食品。忙しい美容師はこれを食べておけ!

昔から愛されている「カロリーメイト」をはじめ、最近では多くの栄養機能食品が販売されています。

そんな中でも、どの栄養機能食品がベストなのか。。。悩まれたことはないでしょうか?種類が増えれば増えたで逆に選びにくくなってしまいますよね。

今回は目的別に各商品をご紹介します。

『カロリーメイト』はしっかり目に栄養を確保したい方にオススメです。まさに食事の代わりに!といった感じでしょうか。栄養のバランスもしっかりと保たれているので、間違いない商品と言えるでしょう。ただし、飲み物が必須かと思います。

『SOYJOY』は栄養をバランスよく摂取するというよりは、味によって摂取しやすい栄養素が決まっているので、食事の代わりというわけにはいかなそうです。むしろ足りないところを補うといった感じです。ダイエットを意識されている方にもオススメです。

『一本満足』はプチ贅沢をしたいときにオススメ。デザート感覚でちょっと甘いものを食べたいときは一本満足がいいと思います。食べ応えもあって、食べた感は割としっかりしたタイプです。

『クリーム玄米ブラン』は味の種類が豊富なので、飽きることなく食べられます。栄養のバランスも程よく取れているので、健康を気にしている方にもオススメです。何よりもクリームが入っているので女性には嬉しい栄養機能食品と言えるでしょう。

味や目的別で選び分けるのがベスト

様々な栄養機能食品がある中で、何を基準にして選ぶかがポイントです。

しっかりと食事がわりに栄養を取りたければ「カロリーメイト」がオススメですし、なにか食べたいけどダイエットも気にしている方は「SOYJOY」や「クリーム玄米ブラン」などがいいのではないでしょうか。

何よりも食べないで元気のない状態で接客していても、より良い接客には繋がらないと思うので、栄養機能食品を食べれる時間だけは確保するようにし、元気に接客できるようにしていきましょう。本来であればしっかりとお昼休みが取れる美容室があってもいい気がしますが、現状はなかなかそのような美容室はないと思うので、工夫してより良い接客ができるように自分をコントロールしていくしかないのかと思います。

今回は食べ応えのある栄養機能食品をご紹介しましたが、ウイダーのようなゼリータイプもあるので、飽きてしまったときなどはゼリータイプを試してみてもいいかもしれませんね。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

美容師とお客様には、求めていることに決定的なギャップがある

美容師として、一人のお客様に対して何を追い求めているのか?

美容師の中にももちろんいろんな性格の人がいます。『美容師』という大きなカテゴリーにまとめてしまうと同じカテゴリーに入る人達でも、「カットが好きな人」「パーマが好きな人」「カラーが好きな人」「美容室がもともと嫌いだった人」「美容というよりは人が好きだった人」「なんとなく美容師になった人」本当に色々だと思います。

そんなバラバラな性格や考えを持っている人達なので、美容師として追い求めているものも当然違ってくるのも事実です。

一人のお客様に対して、何を追い求めて接客しているのかも違うのではないでしょうか?その違いによって「売れる美容師」「売れない美容師」と直接的に分かれるわけではないと思いますが、少なからず「売れる美容師の傾向」「売れない美容師の傾向」はあるのだと思います。

美容師全体の割合でみたら『美容師として最高のカットをしたい!』とカットや技術を思い求めている人が多いのではないでしょうか?『最高のカットをしていたら絶対お客さんはついてくる』と思っている美容師さんは多いはずです。僕もずっとそうだと思っていました。確かに上手いに越したことはないと思います。しかし『上手い』かどうかは切った本人が決めることではなく、切られたお客様が決めることなので、「よし!今日は綺麗なボブが切れた!」と美容師は満足していても、切られたお客様が「長さを切られすぎた」と感じていたら、結局のところ『上手くない美容師』ということになります。

それに、いくら綺麗に切れていてもお客様にとっては『めっちゃ綺麗なカット』と『綺麗なカット』の違いはそこまで重要ではないのではないでしょうか?

お客様目線では美容室に行って何を重要視しているのか?

お客様目線では、仕上がりはもちろんですが、美容室に行って過ごす時間や担当してくれた人との空気感、『私のことを考えてヘアスタイルを作ってくれた』という美容師側の気持ちが嬉しかったりと、意外と目には見えないところに満足感を覚える人も多いと思います。

色々な方のお話を聞いていると、美容師側とお客様側とではそこに大きなギャップがある気がしました。

その中でもいち早くお客様がどんなことを求めている方なのかを把握し、行動に移せるタイプの美容師は自然と「売れる美容師」になっていると思います。

就職すると大体の方が先輩から言われたことがある『気づくことが大事』という言葉。最初は先輩に対して「今、鏡が欲しいのかな?」とかいう気づきに全力を注いでいたと思いますが、いざお客様を相手にすると「この人は何を求めているんだ?」とわからないことがほとんどだと思います。けど、わからない空気感を出しているとお客様を不安にさせてしまうと思い、わかったふりをして話を進めてしまった・・・なんて経験があると思います。しかしそれは、お客様に対しては何も気づけてあげられていないのです。

おそらくお客様のその状況であれば、「この美容師さんは私のことをわかってくれていない」と思うでしょう。

この「気づく力」は美容師をする上で本当に大切な力だと思っています。ちょっとしたしぐさや目線、お客様の醸し出す空気感。感じ取れるシーンは営業中に多々あると思います。それに気づけるかで「売れる美容師」か「売れない美容師」かが分かれると言っても過言ではないのでしょうか。

常にお客様を考え、観察することでより良いヘアスタイルが提案できたり、会話のネタになったり、結果的に良い接客につながるのだと思います。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

美容室の『おもてなし』はどこまでが正解?お客様の言うことを聞きまくるだけではおもてなしではない!

『お客様は神様』この教えは本当に必要か?それは『おもてなし』?

接客業をしたことがある人なら一度は耳にしたことがあるワードだと思う『お客様は神様』という何と無く納得してしまうような決まり文句を。働き出して一年目の時はなんでも吸収して、その言葉もそのままの意味で受け止めていました。お客様は神様だからなんでもしてあげて、お客様の言うことは絶対!みたいな感じで思っていました。

お客様が『髪を明るくしたいです』と言ったら、『はい、かしこまりました』という流れだったり、『時間に遅れます』とか『途中でやっぱり違うスタイルにしたい』とか色々なケースがあると思いますが、その全てをかなえるべきなのだとなんの疑いもなく思っていました。

多くの美容師さんはそう思っているのではないでしょうか?

確かに叶えられることならば叶えたいですが、そうすることで多少なりとも担当者かお客様に無理が出てしまったりするのであれば、そこまでして叶えなければいけないことなのでしょうか?

本当の『おもてなし』とは一体なんなのか?

世の中の接客業には色々な仕事がありますが、美容室の接客に置き換えると、お客様の言うことを全て叶えることが最高のおもてなしというわけではないと思います。

その人のことを真剣に考えて、その人がもっと綺麗になる方法を提案したり、希望を聞きつつもプラスαの付加価値を付けれることこそが本当の『おもてなし』ではないかと思います。なんでも「はい、かしこまりました」と言い、お客様の言うことを聞き無難に仕事をすることは簡単だし、安全でもあると思います。しかしお客様は髪の毛のことについては素人なので、より髪に詳しい美容師としてはワンランク上のヘアスタイルを提案することこそが仕事ではないでしょうか?

それになんでも言うことを聞くことによって、安全とは言いましたが、失敗することも多々あると思います。お客様の言うことさえ聞いてればいいと思ってしまうと、そのお客様の最善はなんなのかということを考えなくなってしまうので、悪くはないけど良い美容師さんとまではいかないのです。

よりお客様を大切にするのであれば、より最善のヘアスタイルを提供することが美容師としての仕事であるので、ただのイエスマンにならないことも美容師として生きていく上で大切なことなのではないでしょうか?

『お客様に対して考えることをやめてはいけない』

目の前のお客様に対して美容師として何ができるのか?といことを本気で考えていかないといけないと思います。これはベテランであれデビュー直後であれ、髪のプロである以上考えることをやめてはいけないのです。

お客様にしてみたらベテランとかデビュー直後だとかは、さほど気にしてはないのではないでしょうか?どちらかと言うと気にしているのは美容師側だと思います。それよりもお客様にとっては「自分に対してどのくらい考えてくれるのか?」「どのくらい自分のことをわかってくれるのか?」といった内面的なところの方が、実は気になっているのではないでしょうか。

このお客様目線と美容師目線のズレだったりに気づくことは大切で、長く働けば働くほど見えているようで見えなくなってしまうので、定期的に気をつけないといけないです。

今後、よりより接客を目指していく上では、一度冷静に振り返り、お客様目線に立つことも何か新しい見方ができるようになるコツかもしれませんね!

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。

美容室でカラーをする人 VS セルフカラーする人 

美容室でカラーをする人とお家でセルフカラーする人はどっちが多いのか?

近年、ヘアカラーを自分で染めてしまっている人が多くなってきているように感じるのですが、果たしてその割合は変わってきているのか?美容室でカラーをする人の方が多いとは思いますが、実際のところどのくらいの差があるのかも気になるところです。

ちなみに金額的な話をすると、市販のカラー剤はドラックストアなどで1,000円くらいで買えます。安いものならもう少し安いでしょう。美容室でカラーをする場合、お店によって金額はかなり差がありますが、平均的にみると5,000〜8,000円くらいではないでしょうか?そのため単純に髪を染めるにしても、金額的にみると5,000円以上の差があるのです。

もちろん美容室でカラーをしている人の中には、『カットのついでに〜』とか『トリートメントもしっかりしたいから〜』などのカラー以外の理由もあるかもしれませんが、単純にカラーだけをみたら美容室のカラーと市販とではかなりの金額的な差があるのは事実です。

そんな中でも、調べたところ「美容室でカラーをする人」と「セルフカラーをする人」の割合は6:4くらいの差で美容室でカラーをする人の方が多いみたいです。年代別になると、若い年代の人の方が美容室でカラーをする傾向があり、白髪染め世代の方がセルフカラーで染める人が多くなる傾向があるみたいです。

なぜ年齢を重ねるごとにセルフカラーで染める人の割合が多くなるのか?

これは年齢を重ねることで悩まされる『白髪』の影響が考えられると思います。30代から40代にかけて徐々に白髪が出てくることによって悩まされる人が多いのではないでしょうか?白髪はおしゃれ染めの根元が伸びたときよりもかなり気になってしまいます。そのため毎回美容室で染めていては、家計を圧迫しかねないため、髪に良くないとわかりつつのセルフカラーに手を出してしまう人が多くなるのではないでしょうか。

また、それまではヘアカラーに無縁だった人も白髪だけは無視できず、白髪が生えたことによって白髪染めが初カラーになる人も、金額的に挑戦しやすいセルフカラーを選んでしまうのだと思います。

特に「白毛さえ染まればいい」という方は、色味や明るさなどにこだわりがないため、市販のカラー剤でも暗めの色を使っていれば白髪は染まるため、事足りてしまうのです。市販のカラー剤でも染まるのであれば美容室で染める必要もないと思ってしまうのでしょう。

逆にまだ白髪ではない若い世代のカラーは、最近では特に多様化してきていて、とてもセルフではできないようなカラーが流行してることもあり、美容室で染める人の割合が多いのだと思います。ブリーチを使ったデザイン性のあるカラーリングや、しっかりと色味を感じるカラーは専門の知識を持ったプロでなければなかなか思うようなカラーに仕上げることは難しいでしょう。

そのため若い世代のサロンカラー率は比較的高い方になっているのです。

今後のセルフカラー人口はどうなっていくのか?

このままいくといつかはセルフカラー人口の方がサロンカラー人口を越してしまう可能性もあります。少子高齢化も進んでいるためサロンカラー率の高い若い世代は減ってしまい、セルフカラー率の高い白髪染め世代が増えていくからです。

若い人が減ってしまうということはなかなか変えられないことかもしれませんが、白髪染め世代をいかにサロンカラーに導いていくかは美容師にとってものすごく大切な仕事になってくるのではないでしょうか?

そのためにも美容室でカラーをするメリットやワクワク感をより具体的に伝える必要があると思うし、美容室でしかできないデザインを突き詰めていくことが必要なのだと思います。

「白髪だからおしゃれな髪色はできない」と諦めてしまっている人も多いのも事実です。そう思っている人に対しておしゃれな髪色を提案できるスキルがあれば、サロンカラー率はどんどん上がっていくのではないでしょうか。

これには時代的な流行も大切なポイントで、今は明るい髪色があまり好まれない傾向にありますが、この常識が覆ればデザイン性のある髪色に多くの人が挑戦しやすくなり脱セルフカラーをする人が増えていくと思います。

少しずつ髪色に対する常識が変わっていくことを願っています。

お金や仕事で悩んでる美容師さんへ

美容師の仕事がつらくなった時の解決方法、美容師の収入を上げる方法を書きました。